CART
LOG IN
SHOPPING
CATEGORY
INFORMATION
一般的なペンダントライトの取り付け方をご紹介します。

当店取り扱いのペンダントランプ、シャンデリアは「引掛けシーリングタイプ」です。

引掛けシーリングって?

マンション・一戸建てを問わず、近年の日本住宅のほとんどの天井には、
「引掛けシーリングプラグ」という部品が取り付けられています。
 



引掛けシーリングプラグには何種類かありますが「角型」「丸形」が一般的です。
プラグ設置の際には、法律上、天井の耐荷重量の確認が義務付けられていますので
→「5kgまでの照明を付けてもOKですよ!」ということになります。

一方「埋め込みローゼット」には、「耳」のようなハンガー金具があります。
こちらは「本体が重く、ビス留めする必要のある照明器具」に使用します。
(当店取り扱い商品ではシーリングファンの付いた照明や、スポットライトなど)

重さのある照明器具には、必ず商品に「設置用の部品」が付属しています。
この部品を天井にねじ留めすることで、角型や丸形でも設置できる仕様です。
(天井に付属部品を付けるビス穴が開きます)
埋め込みローゼットでは、この付属部品は使わず「耳」を使って設置します。
(天井に新たな穴をあける必要がありません)

ペンダントライトやシャンデリアなどは「耳」を使用することはないですが、
埋め込みローゼットタイプにも問題なく設置可能です。

照明の取り付け方法

照明器具の先端の金具を引掛けシーリングプラグに差し込んで、クルッと回すだけです。
電気屋さんに依頼されなくても「差し込んで回す」だけですので簡単です。
 



レール用のプラグは<こちらのページ>で販売しています。

シーリングカップって?

シーリングカップ、またはシーリングカバーと言われるカップについてご説明します。
「カップ付き/カップなし」と選択できる商品もありますがどっちがいいの?

カップにはちゃんと役割があります。



天井の「引掛けシーリングプラグ」と「灯具の先の部品」がカップに入りますので
部品の接続部分が表から見えず、見た目すっきり&高級感もUPします。

灯具の長さを変更したい

設置場所によっては、照明のコードが長すぎることがあります。

・簡単な方法としては、「コードをしばる」
ワイヤーなどで余分なコードをつまんでしばって留めます。

・電気工事の方にコードを切断して再接続してもらうとすっきりします。
当店でも一部商品は「短縮加工」を別料金で承っています。

・商品説明に「カップの中で短縮できます」と記載されている灯具は、
以下のようにコードをカップの中でコードをまとめることができます。



部屋に天井照明の壁スイッチがない場合

ペンダントランプ・シャンデリアは、壁スイッチでON/OFFする商品が多いです。
壁スイッチがなくても「天井照明用リモコン」を使用すると簡単にONOFFできて便利です。
こちら>から商品説明をご覧ください。

傾斜天井への設置について

ペンダントランプ・シャンデリアは、基本「傾斜天井・船底(舟底)天井」には設置できません。
・・・とメーカーさんからはお達しがございます。


でも「本当に設置できないんでしょうか?」というお問合せもいただきます。

一般的なペンダントライトを設置した場合、カップの部分は当然斜めになります。
その見た目が気にならないということなら設置できなくもないのですが・・・。

傾斜天井に安心してペンダントライトをつける方法

1・「傾斜天井用フランジ」を付ける。



2・木端を取り付ける。



3・コードフックを使う。



上記いずれかの方法なら傾斜天井にもペンダント照明を設置できます。
※シーリングファン・スポットライトなどには不向きです。
天井の補強が必要な場合もありますので、工務店さんにご相談ください。
他にもご不明な点がありましたらご相談ください。

商品をカテゴリー別に見る
CATEGORY

Instagram / Information
SELFISH WORKS